令和3年度八高関西同窓会「三役会」の開催

 恒例なら毎年1月下旬に、新年会を兼ねて役員会を開催しているが、今年は関西地区も、新型コロナウイルス感染症者数が減少せず、多人数での会合が出来にくい中での役員会に替えて「三役会」を開催した。

 開催日は令和3年1月30日。場所は大阪市北区の弁護士法人村上・新村法律事務所内。出席者は池田康昭顧問、橋口敏昭相談役、宮崎正郎会長、川口宏子副会長、岡部文夫副会長、木邑公一郎副会長、大川郁夫副会長、新村守事務局長の8名。

 議案は、「令和3年度の総会、懇親会の開催」について。従来会員への案内は封書を使用していたが、今後はパソコン、スマホ等の普及から、出来るだけそれらを利用する。役員の改選には大川郁夫副会長を新会長に、宮崎正郎会長を相談役に推薦する事を再確認。会場やイベント内容には変更事項なし。開催の有無については、開催するーを前提に事務局で準備し、コロナの感染状況や社会情勢を熟慮して、4月10日までに三役が連絡を取り合い最終決定をする、等を取り決めた。三役会の取り決め内容は、直ちに事務局長より各役員にメールで周知徹底された。

「弁護士法人村上・新村法律事務所での三役会の開催風景」